toggle
【記事公開日】2018/05/23

7月で今の仕事を辞めます。

Pocket

APC_0008

どうやら僕は「嫌だ」と思ったことから逃げてしまうらしい。

小・中学生の頃は学校が嫌で古本屋に行ったりしていたし、フリーターでやっていた仕事も上司の方針に合わず退職。

色んなことに触れたタイミングで今の自分と照らし合わせた結果、「嫌だ」に結びついては思うがままに逃げてきた。

「なんてダメな人間なんだろう」という諦めに近い感情が僕のなかにあったのかもしれない。

 

なんとなく始めたこのブログだけど、「自分を変えたい」という意識も芽生えてからは実験的に自分が発する言葉を変え、前向きに、アクティブに行動するよう心がけてきた。が、どうも負荷がかかっていたらしい。

僕の理想である本心と現実とのギャップに精神的ダメージを感じていたのが正直な話で、言ってしまえば「どこにでもいる口だけな存在」、になっている自分が嫌だった。

何をどうして何から進めていけば良いのか全くわからなくなっていたここ数ヶ月、いや、もしかしたらブログを開始した1年ほど前からかもしれない。

そんな中で、「カフェをやりたい」「人を撮りたい」とアレやりたいコレやりたいと欲望を声に出すことで、手を差し伸べてくれる人が居てくれたのは救いだったし、ありがたくも衝撃的だった。

 

たぶん、自分を信じていないのに期待値だけ高かった。それだけのことなんだと思う。これを”プライド”というのかはわからないけど。

”褒められた”と感じた記憶が残っていない僕は、何をやっても人並み以下で、誰かに認められることは無いんだと、「そんな僕でももしかしたら」という期待があったわけだ。

たとえ褒められても素直に受け入れることが出来ず、その結果、謎の後ろめたさに足を絡め取られて前に進むことが出来ずにいた。

「やりたいをやれる」世の中にしたいと強く思うのに自分が出来ていない。繰り返し悩んでは「口だけのまま終わりたくない」という答えにたどり着いていた。

 

体調不良や、生活が忙しいとか、そんな理由を並べたところで、やりたいをやらない理由にはならない。

僕は、「やらない理由のひとつにしていた仕事」を7月いっぱいで辞めることにした。

感情論だけでは何も変わらないのは痛いほど知っているので、言い訳にしているものを捨ててみる。ちょっと遠いけどこれが僕の最短だ(在籍は8月まで)

稼げる見込みなど立っていないけど、僕自身の精神が不安定になり耐えられなくなったので早めてしまった。

退職を決めて数日、思いの外スッキリして滞っていた制作も進めることが出来ている。これで良かったと思う。

 

結局ここまで書くのに3日経った。

このブログで「こうしたほうが良い」とか「こうやったら上手くいった」とか記事にしている手前、この記事を書くのが怖かった。

恥ずかしいとか情けないなと思ったけど、そんな悲観的にならず、よく魅せようとせずに、素直にダメな自分を受け入れたほうが良いかもしれない。

良い悪い、できるできないを知れば、何をすれば良いのかがわかる気がするので、まずは「ダメ人間」である自分を認めることから始めようと思う。

ケジメとか大げさなものではないけど、書かないと気がすまなかった。完全なる僕のエゴです。

ここまで読んでくれてありがとう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で

SPONSORED LINK

関連記事