toggle
【記事公開日】2017/07/15【最終更新日】2017/10/15

選択するたびに疲れが溜まっているんじゃないだろうか。

Pocket

P7110309

どうもトウユウジ(@ugto310)です。

”人生は選択の連続だ”みたいな格言を言いたいわけではないんだけど、やっぱり選択することは大切なことだと思うんです。

朝起きて、服を着替えるのも選択だし、朝ごはん何を食べるか考えるのも選択。

今回は、選択の話。

 

SPONSORED LINK

選択するのって疲れませんか

歳のせいだとは思いたくないんだけど、選択するという行為自体がすごく疲れるんです。

ご飯何食べるとか、今日一日何をしようとか、選ぶことにすごく消極的になってしまいました。(絵とかカメラとかいろいろやってるのは置いといて)

ミニマリスト思考ではないんだけど、この選択って減らせるものから減らしたほうが、たしかに生きるうえで効率よさそうだなと考えました。

いろいろ先に決めると楽になってきた。

気づいたんだけど、外食するときに選ぶメニューが決まってることが多いなと気づきました。仕事に行くときの服装もシャツで統一するようになってから楽になった。

最近は、晩御飯作る気力がなくて原因がわからないままに2ヶ月ぐらい経過してしまいました。思いついたときに、パスタとかをちゃちゃっと作るのは苦じゃないのに、晩御飯は気が乗らない。

なんとか改善しないと、食生活が乱れちゃうのでなんとかしたいんだけど、なんとも体が動かない。相方には申し訳ないと思いつつも、作らない。

今こうして書きながら思いついたんだけど、作るメニューを先に決めてしまってはどうだろうか。家事の上手な方々は1週間のレシピを決めると聞いたことがあるぞ。

1週間、1ヶ月のメニューをまとめて決めてしまえば、買い物も楽だし、作る作業量はかわらないにしても、何作ろうかとうんうん悩む時間が減るんじゃないか。

ためしに実験してみて、改善されなかったら、別の理由ってことになるから、ちょっとやってみよう。

まとめ

選択の量を減らせば、たしかに他の部分に力を注ぎ込めそうな気がしてきました。

服を決めるだけでも、結構メリットを感じているので、少しずつ見直していこうと思います。

思いつくままに書いてみたけど、やっぱり書き出すの大事だな。

P.S

フェイスブックページを作りましたので、いいね!してもらえると嬉しいです。

https://www.facebook.com/YujiTo.official/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で

SPONSORED LINK

関連記事