toggle
【記事公開日】2016/12/17【最終更新日】2017/10/15

「知ってるつもりシンドローム」になってない?それ勿体無いかもよ!と思った話。

Pocket

20161203_467

最近飼っているコザクラインコと会話が出来るようになってきました。自分の名前を繰り返したり、口笛を真似したりかわいい!

12月9日で2歳(家に来てからの計算)になりました!かわいい!!はい、トウユウジ(@ytpdiy_yuji)です!今日の内容と写真は関係ありません!

最近、何についても「知ってる」って思い込んでしまうのは勿体無いんじゃないかなーと思うようになったので、自分の頭の中の整理も含めてまとめます。

SPONSORED LINK

「知ってるつもりシンドローム」になってない?

こんな名称はないでしょうけど、たぶん僕は「知ってるつもりシンドローム」でした。プラスな感情の「知ってる」は問題ないと思うんだけど、マイナスな感情の「知ってる」が勿体無いなと感じるんです。

「聞いたことあるけど楽しくなさそう」とか「テレビで見たけど自分には合わない」っていう「イメージ」が先行して、自分に取り込むことを拒絶してるような感じ。

今の時代テレビ・インターネット等の普及で情報がどんどん流れ込んでくるわけだけど、いつの間にか見たり聞いたりしたことを「知ってるつもり」になっている人が多いんじゃないかなと。

1つの物事に対しての本質っていうのは体験したり、経験することによって初めて理解できるんじゃないかと最近考えるようになって、その経験が長くなったり増えることによって本質が見えてくるものだと思うんです。

子どものときと違って、歳を重ねるとに新しい物事でも大体の予想がついてしまうっていうのが理由なんだと思います。

実際に体験してみるとプラスになる。

「全てのことを経験しろ」って言いたいわけじゃなくて、目の前に飛び込んできた物事や情報に対して、予想がついてみても一度やってみると何かプラスになるかもよって話しです。

もちろん新しい挑戦をして毎回プラスになるわけじゃないんだけど、大体2、3割ぐらいではプラスになってます。仮に予想通りだったとしても、経験したことによって自分の知識や経験になるのでやっぱりマイナスにはならないわけです。

ミーハー精神って大事!

これを意識しだしてから、先日の記事で書いた陶芸体験をしてみたり、自分でドメイン作ってこのブログを始めてみたりと少しずつ行動してます。知ってると思ってる話でも、詳しく聞いてみると感じかたが変わったりして面白いです。「ラッキー」とか「運が良いな自分」って思ったり。

経験すること自体はマイナスじゃなく後々プラスになるものだと思っているので、良い意味でミーハー精神もアリアリですよね。まぁあまりにも度を過ぎると情報に振り回されて疲れそうですけど、楽しければ万事OKってことですな。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で

SPONSORED LINK

関連記事