toggle
【記事公開日】2016/12/09【最終更新日】2017/10/15

新型のMacBook Pro (Late 2016)が欲しいので自分が気になる点だけあげてみた。

Pocket

20161209_01

タイトルが凄く独裁的なトウユウジ(@ugto310)です。ジャイアニズム的な表現ですので、愛ある記事のつもりです。

最近PCを使う頻度が急激に増えたんだけど、フリーズやエラーが頻繁に出てきたのでそろそろ買い替えを考えていて新型MacBook Pro (Late 2016)を検討中。

というわけで、冷静になるために自分の使い道を踏まえてまとめようと思います。色々なブログで比較記事などは出回ってるので、スペックとかの話はここではしませんし出来ません。なぜならMac使ったことがないから。

それではれっつごー!

 

SPONSORED LINK

WindowsノートからMacBook Proへ

何故ここにきてMacなのか、っていうのは単純に触ってみたいのと、見た目が好きだから。Macにしたらまたそのときに不満も出るとは思いますが、Windowsにも不満はあるのでどっちもどっちな気がします。見た目が気に入るかどうかは結構重要で、やる気にも繋がると信じてます。

あとはショートカット操作とかフリーソフトが少ないとか聞きますが、PCでゲームもしないしCtrl+Sとかコピペ、ファンクションキーもF5かF7ぐらいしか使用しないのでWindows・Macどちらでも問題がないというのが現状です。

 

USB Type-Cについて

MacBook Pro (Late 2016)はUSB Type-Aを廃止してUSB Type-Cのみになりました。巷では賛否両論ありますが僕は賛成派です。

そのおかげで薄く軽くで販売されているので、自分で感じるデメリットをどれだけ受け入れられるかだと思います。今のところ変換アダプタは多くないですが、後々増えていくんじゃないでしょうか。こういうのもあるみたいです。

ただ、ひとつだけ気になるのはDTMを行う場合。

PCで録音する際、PCとオーディオインターフェイスをUSBで接続してから録音します。現状はUSBを直でPCに接続している為、際立った録音のズレはないのですが、新型のMacBook Pro (Late 2016)で使用した場合にアダプタ経由でどうなるか。

ちなみに現在使っているオーディオインターフェイスはこちら。DTMをこれから始めようと考えてる人にオススメだし、気軽に宅録するならこれで充分。更にCubase  AI 8っていう無料のお試しDAW(録音したり打ち込みしたり出来るソフト)も付いてきます。歌ってみたとかのMixもこれで充分対応できると思います。

 

USB Type-Cに変換アダプタ経由で接続した場合ズレやその他の相性などの情報は今のところネットにあがっていないので未知の状態です。誰か記事にあげてくれないかなぁーという人任せな状態ですが、最終的に情報がなくても買うと思います。

 

新型を購入するのはほぼ決まっている。

冷静になるんじゃなかったのか!って感じですが、アレです。「相談してくる人の心は既に決まっていて背中を押してほしいだけ」理論です。決まっていると書きましたが、この記事を書いてる途中で自分の中の本当の気持ちに気付いた感じです。だって欲しいんだもん。

「自分の気持ちに」とか書くと気持ちが悪いですが、悩んでることは一度書き出してみると自分の考えの答えが決まっていたりします。そんなもんです。

今まではPC使うのは音楽とネットサーフィンぐらいだったんですが、カメラ購入したりWordPressの勉強を始めたり、このブログを開設したりと使用頻度がぐっと増えました。

せっかくなら一度はMacを使ってみようかなっていう軽い気持ちですが、値段は全然軽くないのでもう少し考えてから購入を決めようと思います。

Macを買ったらこういうの読まないと全く操作できなそうな機械音痴の記事でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で

SPONSORED LINK

関連記事