toggle
【記事公開日】2017/01/10【最終更新日】2017/10/15

「初心忘れるべからず」って、子どもの心を忘れるなってことだよね?

Pocket

PC277381

今年の目標は風邪で体調を崩さない!トウユウジ(@ugto310)です。

「初心忘れるべからず」って最近まで仕事だけに当てはまる言葉だと思ってたんだけど、人生全てにおいて共通する考え方じゃなかろうかという、首をかしげてしまうようなお話。

 

SPONSORED LINK

初心忘れるべからずって、子どもの心を忘れるなってことだよね。

子どもの悩み相談を聞く、って内容のテレビを見てるときの会話なんだけど「今でこそ『そんなこと』と思うけど、当時はそれがすべてだったよね」って話になりました。

仕事のスキルとか、作業の丁寧さとかそういった話だけじゃなくて、「初心忘れるべからず」ってのは全てにおいて「子ども(最初)のときの興味や関心、行動力を忘れるな」ってことなんじゃないかなーと思ったわけです。

一歩下がって全体を見てみる

子どもって、アンテナの感度がすごいんです。あっち行ったりそっち行ったり大騒ぎ。

誰でも、1つのことに精一杯になりすぎたり集中すると周りが見えなくなってしまうので、子どもほどじゃないにしても、一歩引いて全体を見れる目線を常に意識するっていうのが大切なんじゃないかなーと思います。

写真撮るときの「寄ってダメなら引いてみる」ってのと共通するなー。

失敗しないと気づかない

人は失敗しないと気づかないんです。失敗をさけて上手いように進んだとしても、必ず大きな壁となって本人の前に立ちはだかります。

僕の話で言うと、1,2度ほど失敗しています。今まで失敗を率先してさけるような生き方をしてきたんだけど、やっぱりというか最終的にさぁ大変!って状態になりました。

でも今となっては、その失敗も後悔していません。プラス思考バンザイ。

行動した結果での失敗は自分のためになる!

PC277376

これは世間で耳にタコができるほど言われてることだけど、失敗したから気づくことができるし、失敗を知らないと成功には気づけないです。

もちろん「失敗談」は情報としてためにはなるけど、自分で行動しての失敗と比べるとすごい経験の差があります。

自分は今でも「失敗」はしたくないけど、真面目に失敗することに関しては大歓迎。

「いい経験になった!次はどうしようか」と失敗を活かすことができるなら、成功はできなかったとしても、成長は必ずできると思ってます。

なんでも恥ずかしがらずにやってみると道は開けるかもねってお話でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で

SPONSORED LINK

関連記事