toggle
【記事公開日】2018/01/25

妥協の分だけ無駄遣いが増えるって話。

Pocket

写真 2017-09-23 12 26 11_Fotor

どうもトウユウジ(@ugto310)です。

つい最近引っ越しをしたんだけど、自分の持ち物を見直してみると半分以上が使わない物で愕然としました。

以前までは、「安くてとりあえず済ませよう」という精神のもと物を持っていたので、妥協の割合が多かったんです。

ここ1年の購入時の考えは、「長く使える物を」という思考の元買い物をしています。

やっぱり安かろう悪かろうでは後々残るものが無いないなと思うわけで、その辺の話を聞いてください。

SPONSORED LINK

安かろう悪かろうでは何も残らない

もちろん安いに越したことはないんですけど、どうしても長く使い続けることができない。

妥協点が多いとテンションが上がらないというのは気づいていたけど、金額の安さを最優先に物を購入してました。

購入時のハードルは低いけど、結局コスパ最悪で、また安くて妥協点の多いものを購入するの繰り返し。

これではいつまでたっても負のスパイラルを抜けられない!

本当に欲しいと思うものを手元に置く

P1047539

って感じで今まで生きてきたんだけど、今になって何も残っていないことに愕然。

本当に欲しいもので長く使えるものを購入しようと決め、間に合わせで購入することがなくなりました。

バンドやってたときの楽器や機材は今でも現役で使えるけど、その他の服とか小物は実用的にも、所有欲もまったく満たしてくれません、

パソコンもずっと持ってみたかったMacに、カメラも欲しかったE-M1を。10年ほど使っていた財布も、先日気になっていた薄い財布に買い替え。

こうやって欲しいものが揃ってくると、無駄な買い物もしないし、欲しい用途のものをしっかり吟味して購入するようになりました。

特に調べもせずに安いだけの物を買ってた時期がウソのよう。

まとめ

僕の場合は最低限の物が揃っていれば良いタイプなので、今のやり方が合っているみたいです。

欲しい物が高かったとしても、結果的に見れば無駄のない買い物の仕方じゃないかと思います。

これでカメラのレンズ沼にハマっても大丈夫だね!←

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で

SPONSORED LINK

関連記事