ミニマリスト御用達の「abrAsus薄い財布」に買い替えました!!

どうもトウユウジ(@ugto310)です!

この度10年ぶりに財布を新調しまして、これが最高に使いやすい!

常に持ち歩く財布にストレスがついてまわるとそれはもう会計も億劫になってしまうわけで、人前で財布出すのをためらうレベルでした。

今回は、ミニマリストの間で人気、機能最低限の財布。abrAsusの”薄い財布”を写真と共にご紹介。

それではれっつごー!

☑この記事はこんな人におすすめ
・もっと小さい財布が欲しい
・キャッシュレスに移行したけど、最低限の機能を持った財布は持っていたい
・シンプルで長く使える財布が欲しい

 

使用しての感想。

購入したのはabrAsusの薄い財布から、ガラス加工が施されているもの。

革の経年変化や手入れを楽しみたいという気持ちもあったんだけど、すぐ面倒になるのが目に見えていたので、そこまで手入れの要らないものにしました。

2ヶ月間使用していますが、メリット・デメリットもちろんあります。

メリットは

  • 薄い&小さいのでポケットやカバンに入れても邪魔にならない。
  • 小銭が見やすいので、細かい会計が便利になる。
  • カードが一目でわかるので取り出しやすい。
  • 交通系ICカードを入れても読み取れる。

デメリットは

  • 小銭の取り入れにコツがいる。(数日で慣れはする)
  • カードを厳選しなければならない。
  • 小銭を意識して使わないと溢れる。

僕の場合はデメリットとは思わない部分もあるんだけど、通常の使い方だとこの辺が気になってくるんじゃないかと。

レシートは定期的に財布から出さないと辛いかもしれません。

メリットの交通系ICカードは、何度か使用した後にApple Payのsuicaに移行したので今は使っていないけど、読み取りもスムーズに出来ました。

個人的な意見としてはメリットのほうが大きいので言うことなしです。

なぜ財布を買い替えたのか。

数年前にミニマリストという考え方を知ってから、財布の中身を大幅に断捨離しました。

必要最低限のものを厳選した結果、普段持ち歩くカード類が免許証など合わせて4枚ほどに!

中身を断捨離したのは良いものの、ぶ厚い2つ折り財布はカバンの中でも邪魔に感じることが多くなってきました。

そんな経緯もありつつ、「シンプルでミニマルな財布が欲しいなぁ」と見つけたのがabrAsusの薄い財布。

ちなみに以前使用していた財布との比較写真がこちら↓

以前使っていた財布は、ところどころ破れて小汚い感じになっていました。

デザインは気に入っていたのですが、財布の中身が極端に少なくなった状態だと持ち運びが苦痛でしかたがなかったです。

10年も使えば充分だし、財布に対する考え方や用途も変わってきたタイミングで買い替えました。

abrAsus”薄い財布”

このような箱に入って届きます。マットブラックかっこいい。

しっかりabrAsusのロゴも。

開けたら特徴などが書いてある小さい冊子と、ステッカー。

ロゴが好きな人はPCに貼っても良いと思うけど、この財布買う人って基本貼らない気がするよね。

薄い財布の外観・特徴

これが何も入っていない状態。こうしてみると財布に見えないし、重なる革の枚数が極端に少ない。

計算されて作られてます。

このボタンのついてる部分が小銭入れ。合計999円分の小銭が入るようになっていています。

1円玉から500円玉までいい感じに15枚入れるとジャスト。無駄に999円に揃えたくなります。

革の重なる枚数が少ないと書いたけど、このように重なる部分をくり抜いて(?)いるので、分厚くならないわけです。

実物見た後にレザークラフトで作ってみようかと思ったけど、流石にめんどk、職人技が必要そうなので諦めます。

さっきのコインケースのボタンを閉じた所。

綴じた部分に折りたたんだ先端を引っ掛けると、勝手に開くこともなくなるという、1つで2つ分の役割をしているわけです。ミニマルすぎ。

これがカード5枚とお札と小銭入れた状態。

広がってるのは、購入直後で革の硬さが馴染んでないから。薄い財布という名の通り。薄すぎる。

まとめ:abrAsus”薄い財布”はミニマリストに最適な財布です

購入から2ヶ月経過してのレビューですが、買って満足な財布でした。

ガラス加工なのでオイルも塗らなくていいし、痛む使い方をする財布ではないので長く使う財布になりそうです。

長く使えて、手に持つ喜びも感じられる。ミニマリストの間で人気だったのも頷けるものでした。

いやぁ、財布変わるだけというか、常に持ち歩くものを好きなものにするだけでこんなに気持ちがいいとは思わなかった!

いい買い物でした!

 

タイトルとURLをコピーしました